自律神経失調症(心身に様々な症状が現れますが、その症状には個人差があります)というのは、自律神経のバランスが崩れることで、体や心に起こる様々な健康異常のことです。 自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の2つに分類され、状況によって使用される神経が異なります。 通常、交感神経と副交感神経(睡眠中やリラックスしている時に活発に働き、体の修復などを行います)はバランス良く機能していますが、何かしらの原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)により、このバランスが乱れてしまうと自律神経失調症になってしまうのです。 自律神経失調症(心身に様々な症状が現れますが、その症状には個人差があります)の症状は非常に多岐に渡り、人によって現われる症状が異なります。 代表的な症状は、頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)や耳鳴り、口の渇き、疲れ目、動悸、めまい、冷え、立ちくらみ、息切れといったものです。 また、便秘(排便がない期間が長く、排便が困難なことをいいます)、下痢(液体状、もしくは、ゲル状の便をいいます。消化器の畭常によって起こります)、吐き気、手足のしびれ、残尿、肌の乾燥、インポテンツ、生理不順(実害があまりないからと放置しておくと、不妊症などに繋がる恐れもあるでしょう)、かたこり、倦怠感(自律神経失調や鬱の初期症状で倦怠感を感じることも少なくありません)などが現われることも多いでしょう。 そして、身体的症状だけではなく、イライラ、集中力(個人差はあるものの、人間が集中できる時間は15分から30分くらいだといわれています)の低下、恐怖心、やる気が出ない、気分が沈むといった精神的な症状も現われます。 症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が重いと日常生活に大きな支障をきたし、生活をすることができなくなる場合もあるので、早めに治療を行った方が良いですー